道の駅の途中ブログ

時折役立つ情報と雑記のブログ。

平成30年年末調整

今年も年末調整の時期である。
給与所得のみの会社員は毎年会社で年末調整することでその年の所得税が確定するため、年明けの確定申告は必要ない。(年収2000万以上の人は対象外、ほかに医療費控除や寄付金控除は別途確定申告必要)

会社の年末調整もこれまでは紙で提出していたが、今年からWEB申請となった。
聞いたところによるといわゆる大手企業は既にこのWEBによる年末調整が主流のようである。今年から税制改定となり、従来の扶養控除申告書の他に配偶者控除申告書の提出が必要となった他、自身の所得の見積も申告することとなった。(配偶者の所得が38万円以下なら一律控除を受けられたのが、本人の所得によって段階的に控除額が変動する仕組みになった。その分配偶者特別控除の適用額が拡大した模様)
WEB年調にはなったけど、保険会社から送られてくる証明書添付は相変わらず紙ベースなので、別途台紙に張り付けて紙で提出。WEB申請の送信ボタンを押して今年の年末調整は無事終了!還付になるのが例年のささやかな楽しみですが、今年はどうか。

また、ここ数年で段階的に税制改正が行われるようである。
その中で年末調整にかかる各種証明書の電子化なども掲げられているようです。
保険会社からの証明書データもPDFなどの画像データではなく、テキストデータ化できれば自動チェックなどもできそうなので、社員、年末調整担当者双方の負担も減りそうです。将来像にはおおいに期待したい。