道の駅の途中ブログ

時折役立つ情報と雑記のブログ。

アトピー治療 ~効果があったもの②~

前回の続き。アトピー治療で個人的に効果を感じられたもの。

2.ホホバオイル塗布(頭皮湿疹、フケ防止など)
頭皮に湿疹ができる、かゆくて掻くとフケが落ちる事にお悩みがある方もいると思う。頭皮の状態が良くないと髪を切りに行くのも憂鬱ですよね。。ツバキ油入りのシャンプーやせっけんシャンプー、敏感肌用の低刺激性のシャンプーなど色々試してみた。
今3年程続いているのは、ホホバオイルを入浴・洗髪後に頭皮に揉みこむようにして塗ることである。今使用しているのは無印良品の200mlボトル。価格は2,500円程するが、毎日使用してもひと月程は持つ。1月30日として1日当たり84円程である。


(1)入浴後、髪をドライヤーなどで完全に乾かす。
(極力タオルドライして、仕上げにドライヤーぐらいが肌を傷めないと思う。)
(2)乾いたら、ホホバオイルのボトルを2~3プッシュ程して手の平にとって手の平全体に伸ばす。
(3)頭の後ろから軽くこするように地肌に直接ホホバオイルをなじませる。(側頭部、頭頂部も同様に。後頭部、側頭部、頭頂部それぞれをやる際に2~3プッシュ程度。計6~9プッシュ。素早く頭皮全体にホホバオイルが薄くいきわたるような感じで。あまりたくさん塗りたくると翌朝ベタつきが気になるので、薄くいきわたるぐらいがちょうどよいと思われる)

※髪を乾かした直後なので、オイルが頭皮になじみやすい。その後、症状に応じて皮膚科で処方されたリンデロンやアンテベートのローションタイプの薬も塗りやすくなるように感じた。

※ホホバオイルが肌に合わない人もいるので、小さい範囲で試してみてからが良いと思う。私はオリーブオイルがあまり肌に合わないのでホホバオイルにしたが、オリーブオイルでももちろんOK。

メリットとしては、何より頭の湿疹で掻いたときの白いフケを防止できると感じた。
デメリットもある。オイルを塗って寝ることになるので、枕カバーの頻繁な洗濯が必要になる。これはタオルなどをカバーの上にしいて寝ることでいくらか汚れを軽減できるかと思う。

※注意
オイルの合う合わないは個人差があり、合わないものを使ってもかえって症状が悪化する事もあるので、実施の際は自己責任でお願いします。

最後になるが、アトピーを悪化させる要因として自信が感じることだが、入浴後によく拭かずに服を着てしまうと、結果的にその部分が後々悪化するように感じている。冬は寒いし、すぐに服を着たくもなるが、面倒でも体をよく拭いてからスキンケアを行うのが実は非常に大事なことを実感しているところである。

(次回につづく)