道の駅の途中ブログ

時折役立つ情報と雑記のブログ。

【テニス】「リターンがうまくいかない」が改善した。

スクール初中級クラスで週1テニスをしている初級者日記。


週1のスクールの合間に、壁打ちや家の中での素振りなど少しでもラケットを握って、前回習った内容を復習するようにしてからやや上達速度が増してきた気がする。

f:id:anohi-anotoki:20190221094717j:plain

今回速いサーブをリターンするコツを掴んだ気がするので、メモ程度で。

初中級クラスはテニススクールでちょうど真ん中のレベル帯であり、人数も一番多いクラス。

同じ初中級クラスでもだいぶレベルに個人差があり、ゲーム練習で自分より上級者の速いサーブを受ける機会もある。

「うーん、速くて全然取れない・・」

当たり前だがサーブを返せないとゲームにならないため、悩みどころであった。

これまで試して来たのはスクールのコーチがいつも言っている、

ストロークと同じ打ち方ではない」

ストロークのように振りかぶったのでは誰でも振り遅れる」

「身体を軽くターンして小さくテイクバック」

「大きく打ち返すのではなく、当てる感覚で」

これらを実践することで、少しずつ良くなっていた気がしていた。

しかし、より速いサーブを受けると球の速さに負けて、ボールを当てても

・ボールがネットを越さない・・
      ↓
・それでまた大きく振りかぶる
                      ↓
・振り遅れてボールがホームランする  (以下、無限ループ)

こんな感じがずっと続いていたが、先週のコーチの一言で、何かが変わった気がした。

f:id:anohi-anotoki:20190225132457j:plain


それは、

「フットワーク」

・相手がトスを上げたタイミングで前に出る。

・相手がサーブを打ったタイミングでスプリットステップ。

この「相手のサーブのモーションの段階で前に出てスプリットステップを踏む」

を実践したところ、

・後ろで待つよりもサーブの変化や伸びが少ない段階で打ち返せる

・前に出ている分、腰が引けずに踏み込んだリターンができる

という事に気がついた。

ビッグサーバー?(でもないが、、)に対して前に出るのは怖さもあるが、後ろで待っていても取れないものは取れない。

プロテニスのラファエル・ナダルは、テレビで見ているとそういえばリターンする時に

テレビで見えないぐらい後ろに下がってボジショニングしている事があるが、

これはビッグサーバー対策のため??

(正確には分からないが)

 前に出るフットワークを実践しつつ、前述の小さめテイクバックで当てる感じでリターンすれば、ある程度速いサーブにも対応できる感触を掴んだ気がする。

フットワーク、ついついサボりがちだが改めて大切さを実感した。

また、出来る人からすれば当たり前かもしれないが、バックハンドスライスで速いサーブをうまく処理できたら、守備範囲も広まり便利だろうと最近よく思うところ。

覚えることは山ほどあるが、あくまで楽しむことをメインとしながら、少しずつ練習していこうと思う。